コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

3月30日

暖かくなってきました。
モコもセーターを脱いで薄いワンピースになりましたよ。
ママもダウンを脱ぎました。

moco 064
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

3月29日

いつも行く散歩コースのちょっと奥に桜が咲いていてビックリ!
moco 047

moco 049

春はなんか走っちゃうよね。
moco 051

道路の向こう側にいる猫を発見!
moco 053

ホットサンドメーカーを買ったので、早速ホットサンドイッチを作りました。
電気ではさむタイプは、市販のパンの耳を切らないと入らないし、具も少量しか入らないそうなので、こちらのフライパンタイプにしました。これだとギリギリ耳が入ります。
こんなにたくさん具を入れます。
moco 055

こんがり焼きあがりました。
片面1分30秒ぐらい。
ホームベーカリーで焼くパンは少し大きいので、端っこが焦げました。
moco 056

野菜たっぷりで美味しいです。
moco 057
コンテントヘッダー

3月27日

そういえばまだ河津桜を見ていなかったと思い、出かける前にひとっ走りして行ってきました。
まだ大丈夫でした。
moco 029


moco 035

菜の花
moco 034

ちゃんとついてきてる?
moco 037

朝日にテリア型の影が伸びてます。
moco 040


綺麗なお花畑
moco 038

遠くに犬を見つけたようです。
moco 039
コンテントヘッダー

3月26日

今日のパスタ
moco 021

美味しそうだなぁ~
moco 023
コンテントヘッダー

3月25日

真面目くさった顔をしてますね。

moco 030
コンテントヘッダー

原発事故の多さ (1/2)

我が国の軽水炉開発以来1991年5月までの全事故件数は928件、そのうち人為ミスは146件、全体の15.7パーセントをしめています。

事故隠しが行われていることも何件かは分かっていますが、事故隠しが成功した分については当然、私たちには永久に分かりません。

故障を直したり、点検をしたりするために、作業員は建屋内に入らなければなりません。建屋の中の原子炉の周りは高放射能のため、作業員は全員被曝していますが、その被曝の量を計っており、限界を迎えるとアラームが鳴るので、急いで外に出て、他の人と交代する。そういうことをもって「しっかりとした安全管理をしている」と言っているわけです。

また、原子炉の周りは人間が入るように設計されていないので、転落事故などが起きています。これはネットで検索しても出てきませんが、燃料プールに落ちて亡くなった方もいます。その方は春にプールに落ち、5月には亡くなったとのこと。
作業着を着てピッタリしたマスクをつけての作業は、想像するだけで苦しいことが分かります。大の男がフラフラになって、転落することもありますが、たとえその人が瀕死であっても救急車は滅多に呼ばないそうです。
病気になった人、家族が死亡した遺族が黙っているのはなぜかと言うと、大金をつかまされるから。中にはそれでも抵抗する人もいるが、反社会的な人間(意味わかりますね?)に周囲をうろつかせて黙らせる。
だから労災の申請もしない人が多数となります。

そうやって多くの故障、事故、病気、死者を隠して、原発は安全だというイメージを守っているのです。
残念ながら、知ろうとしない人が大半である世の中、この方法でみんなが騙されていると言っても過言ではありません。
コンテントヘッダー

原子炉プールに落ちた人の話 ( 2/2)

原発を調べていると、怖い話がいっぱい出て来ますが、これも最も恐ろしい話のうちのひとつでしょう。


「明日なき原発     原発のある風景  増補新版」より引用

「大量被曝といえば、緑川さんな、昨年死んだろ。ありゃ、東海1号炉に出向したとき、原子炉のプールに落ちたんだ」
その人の名は緑川鋼。日立原子力製造部公務課に所属していた。彼が日本原電東海1号炉の核燃料プールに落ちたのは1978年の春だったという。亡くなったのは同じ年の5月2日。享年40歳であった。
「落ちてしばらくして、フラフラしながら会社へ来たことがあった。朝だった。まるで違う人みたいに顔の皮膚が真っ黒になって、顔も手も水泡だらけだった。もう歩行がやっとで、よたよた歩いてた。当時、社内では腎臓が悪くて透析してるようなことをいってたが、じつは原子炉のプールに墜落したんだ。しばらくして、亡くなったと聞いた。けっきょく、労災もなんにもとらず。新聞にも1行も出なかった。」
緑川氏の事故について私は、その後、東海原発の和田所長にただしたことがあるが、一瞬表情をこわばらせたものの、あいまいに言明を避けた。緑川氏の家族も、かたくなに死因には触れたがらない。


これが事実かどうか、遺族が黙っているので分かりません。
そもそも、原子炉プールに転落したら、放射能人間となってしまうため、誰も近づけないはずです。だから、事故後間もなくして会社に来たというのが、ちょっとおかしいかなと思います。

しかし、いろいろな本を読んでいて、原子炉プールに落ちて死んだ人の話はちょくちょく出てきます。火のないところに煙は立たない。いくら隠しても、原発作業員はすべてを見ているし、人の口に戸はたてられないということではないでしょうか。

参考文献:

日本の原発は安全か (科学全書)
明日なき原発: 『原発のある風景』増補新版
原発ジプシー 増補改訂版 ―被曝下請け労働者の記録
新版 危険な話―チェルノブイリと日本の運命 (新潮文庫)
原子炉の蟹 (講談社文庫)
コンテントヘッダー

3月21日

ブロッコリーを美味しそうに食べてます。

moco 013

moco 014
プロフィール

モコまま

Author:モコまま
主人公:モコ
性別:女の子
住んでる所:関東地方
生年月日:2003年2月8日
特技:周囲を笑わせ癒す

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。