コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

「弟」石原慎太郎

昭和の大スター石原裕次郎を、兄の石原慎太郎が描いた本。
石原慎太郎は嫌いですが、石原裕次郎に興味をもっていたので読みました。

本の内容よりも、石原慎太郎が大嫌いなので、今日はそのことを。

知的障害者に対して、ああいう人ってのは人格あるのかね。
ああいう問題って安楽死につながるんじゃないかという気がする。 
〔安楽死」の意味を問われて〕そういうことにつなげて考える人もいるだろうということ。安楽死させろと言っているんじゃない。
だとか。
安楽死させた方がいいと思っているのに指摘されると否定する。小心者ですね。


女性蔑視も有名だけど、中でも閉経後のババアは生きてる価値がないというのが強烈ですね。しかもそれを他人の発言であるかのように小細工して言ってるんですよ。卑怯者ですね。
お母さんや奥さんのことも無駄とか罪とか地球にとっての弊害とか思っているのか。
私がそれ以上に不思議なのは、この人の周囲の女性(母、妻)は頭大丈夫なのか?夫がこんなことを言っているのに「自分だけは別よ」と思っていられるものなのか。それとも養われているからと、自尊心を曲げて生きているのか。


2006年4月20日、東京都現代美術館「カルティエ現代美術財団コレクション展」のオープニングセレモニーで、
「今日ここに来て、何かすごいものが見られると思っていた。ところが実際は、何も見るべきものがなかった」
「ここに展示されている現代美術は、まったくもって笑止千万なもの」
と言っちゃったそうです。
仏フィガロ紙21日付は「日本文化は西洋文化より優れている 東京都知事」の見出しで、石原氏が「ためらうことなく、現代美術を『無そのもの』と評した」とし、二千人近くが参加したセレモニーに「冷や水を浴びせた」と報じた。仏リベラシオン紙24日付は「会場には衝撃が走った」と述べ、ポスターにもなった彫刻作品に対する揶揄発言なども併せて報じた。

外国蔑視発言なんでしょうが、私は別のことを考えました。
ここで現代美術をこき下ろしてますが、過去に自分の4男に画家として(都から)お金を払っていたことが問題になりましたよね。公私混同ではないかという声に対しては、「余人をもってかえがたいと思ったら息子といえども使うよ」とか言ってましたけどね。おもしろいのが、あるテレビ番組でその4男の絵と天才チンパンジーの描いた絵を比べていたんですが、全く区別がつかないんです(爆)
チンパンジーの絵でもよかったんじゃないですかね。すごい絵が見たいんだから。チンパンジーの描いた絵ほどスゴイものってあまり無いですし。

悪口ばっかりかきましたが、本もちゃんと読みましたよ。
兄の目から見る大スター石原裕次郎の姿は貴重じゃないかな。



スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

akinator

Akinator(アキネイター)とは質問への5段階の回答例を元に(実在または架空の)人物・キャラクターを絞込み推測しながら特定するプログラムエンジンであり、データベースを応用した人工知能の一種である。20個ほどの簡単な質問だけで、回答者がイメージしている人物の名を当てることができる。
英語・フランス語・ドイツ語・ヘブライ語・ポルトガル語・スペイン語・アラビア語・ロシア語・日本語に対応しており世界中の有名人のみならず漫画、アニメ等に登場する架空の人物までも網羅している。wikipediaより


今朝のめざましテレビでも話題になっていたakinatorを早速試しました。
レビューを読むと、スヌーピーの兄弟の名前を当てたとか、タタミお姉ちゃんを当てたとか、ちゅるやさん(誰だ?)を当てたとか、驚嘆の声がすごくて、かなり期待しました。

しかし、私の質問一人目は、40問か50問聞いて、相手が降参。
リストが出て、それに無い場合は入力してください。と出ます。
名前を入れてやると、「ありがとう」みたいな結末に終わりました。
一人目がコレだったので、ちょっとガッカリしました。
答えはですね、ニーナ・アナニアシヴィリです。
バレエ界では有名人ですよ。
「こんな人も知らんのかい」と思いました。

その後は、吉田都、熊川哲也、チェ・ジウ、チャングム、萩尾望都、中瀬ゆかり、岩井志麻子、ティンカーベルからお父さん犬、エドガー・ポーツネルまで、最大25問ぐらいで当てました。
答えを「分からない」とか「たぶん違う」とかにしていても、ちゃんと当てるところがスゴイです。
有名人の名前を思い出せない時とか、当ててもらうとスッキリします。



テーマ : iPad
ジャンル : コンピュータ

コンテントヘッダー

「ホームレス中学生」田村裕

随分前のベストセラーですが、今頃読みました。

話題の本といえば、水嶋ヒロの「KAGEROU」ですが、図書館では600人待ちでした。
一人が1日で返したとしても、軽く2年を超えるんですね。

そういえば、作家の天敵は図書館とBOOK OFFとか。
図書館は新書が出るとドバッと買うそうです。
DVDレンタルには期限があるのに、本には無いんでしょうか。
作家にとってはたまったもんじゃありません。
そういう私も図書館派ですがf^_^;)

本題に戻ると。
家が差し押さえられたからと言って、父親が子供達に「解散!」と叫び、家族が離散する。
にわかには信じがたいホームレスとなった中学生のお話。
悲劇の中にユーモアがあり、笑いの中に涙がある。
評判通り楽しい本でした。
あとがきの中で「自分は幸せへのハードルが低い」と書いていますが、それってすごい才能だと思います。

おすすめの一冊。ランキング



テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

「嫌な女を語る素敵な言葉」岩井志麻子

「嫌な女を語る素敵な言葉」

表題作の他、「ささやかな不幸とひそやかな美人」「いじらしい殺意」「愛されよう愛されたいでも愛せない」「秘密には至らない過去」など全10作の短編集。

人間、それも女性の心の闇を描いたホラーです。
女は怖い。この年になってみると、この話が単なるフィクションとは言い難いことが分かります。
特に「ささやかな不幸とひそやかな美人」という中途半端な美人3人の物語は、その中途半端な美人の描写が「あるある!」の連続で思わずひきこまれます。
小学校、中学校、高校と、過去に出会った美人たちを思い出しては、ふんふん確かにあの子は美人と言われていたけど顔立ちは普通だった。あの子は地味だけど可愛かった!あの子が高校デビューしたのはそんなわけだったのね。
謎が一気にとけました。


三人の名前は、美恵子、麻衣、由子。 ? ランキング

つまり子供は顔そのものは問題にせず、イメージで美人、ブスを決めてしまうのだ。由子も、ずっと同じクラスだった美恵子を美人だと、かなり長く信じ込んでいた。

美恵子は校則違反ぎりぎりの髪型に、妙に大人びた立ち居振る舞いで、他校から来た子も初っ端から美恵子の「美人自意識」にやられ、無事に美恵子の中学でも美人の位置を不動のものとしていた。

一方、雑誌の読者モデルをやることでポッと出の美人となった麻衣は、
「美恵子ちゃんは、雑誌に出たことはないんだよねぇ。カメラマンも見る目ないね」と、果敢に対抗するが、美恵子の迫力に勝てない。
学校を出たあと、芸能事務所に所属してB級アイドルとなる。

一方、主人公の由子はある小規模なコンテストでやっとミスに選ばれたのを機に、アナウンススクールに入り、地方局のリポーターとなる。
あの二人よりも美人人生を歩もうと必死なのだ。それなのに局でのヒエラルキーは最下位。
いっそ最初からブスとして悩める人生だったらよかったのに、といらいらは増した。そんなふうな日々に、美恵子と麻衣が思い出されて仕方ない。

でも、単なる美人競争では終わらない、ホラーな女の関係です。


テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

犬の伊達直人、バークデイパーティー、剥製

最近、ランドセルが施設に届けられる伊達直人現象が続きましたが、1月以降、犬や猫を預かる福岡県の大牟田市動物管理センターに、餌や首輪などのプレゼントが相次いでいるんだそうです。

同センターによると、1月11日から2月17日、犬を譲り受けた人や匿名の人から寄贈が相次ぎ、計18件に上っている。ドッグフード90キロ、猫用缶詰70個、犬小屋3個、首輪やリード8本、ペットシート100枚など、全て新品。(中略)餌は現在預かっている犬15匹の約2か月分になるという。(西日本新聞2月23日(水)先読みpick upより)

動物好きの私にすれば、心にポッと灯がともった気持ちです。

また、エグゼクティブのための知的情報誌AGORA2月号にも、興味深いニュースが載っていました。

イギリスでは、犬と人間との関係が変わってきたそうです。
「ベビーシャワー」という出産前のお祝いのパーティがあるのですが、この犬版、パピーシャワーというのがあるそうです。
主催者が事前に「お祝いに欲しいものリスト」を作り招待客に配るのもベビーシャワーと同じなんだとか。

また、犬の誕生日会も一般的になっており、鳴き声(bark)とバースディをかけて、バークディパーティと呼ばれているそうです。

記事では、犬の人間化傾向の最大の要因を、少子化や晩婚化、インターネットの普及などにより人間同士のかかわりが希薄になり、代わりに同じ関係を犬に求める人が増えたというふうに、結論付けています。

さて次は、週刊朝日3/4特大号から。

現在、全国で買われている犬と猫は合計2千万匹を超え、15歳未満の子供の数(1694万人)を軽く上回る。家族だからこそペットロスも深刻化しているそうです。
ある愛犬家の方は、我が子のように可愛がっていたペットが息を引き取り、火葬が行われる直前に亡骸を引き取ったそうです。そしてどうしたか。

剥製にしました。

ペットを剥製(はくせい)にする方は増えており、自分を癒してくれたペットを剥製にし、剥製になったペットにまた癒されているそう。
この剥製ビジネス、広がりを見せるんでしょうか?

ランキング

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コンテントヘッダー

「売れる小説の書き方。」作家は本当に儲かるのか?

「売れる小説の書き方 (エンジン01選書)」作家は本当に儲かるのか?
林真理子、 大沢在晶山本一力中園ミホ


ENJIN01文化戦略会議という単語に惹かれて読みました。
ENJIN01文化戦略会議というのは、政治・経済・教育・メディア・芸能芸術などさまざまな分野における表現者・思考者達約200名が、日本文化のさらなる深まりと広がりを目的に参集したボランティア集団のことです。
よく林真理子さんのエッセイに出てくるので興味を持っていました。

この本はオープンカレッジのシンポジウムの内容を書籍化したものです。

まず、作家の上位50名のうち10名ぐらいが銀座でバンバン遊んでるので、知らない人はそれを見て「作家は儲かっている」と勘違いするんだそうです。
実際、作家の3分の2は年収300万未満とか。
本は出してても売れず、本屋にも置いていない。そんな状況の人がほとんどのようです。それでも頑張った人が、残っているんでしょうね。

山本さんの言葉がすごく良いので引用しますね。小説家じゃなくても、何かを目指す上で山本さんの言葉がすごく力になるんじゃないかなと思います。

山本「大沢さんが20何冊初版できてて、それが直木賞をきっかけにして売れていったというのは、それは直木賞で売れたんじゃないんです。今までずっとやってきてるものが、本当はよかったんです。でも、人の目に触れていなかった。それが、いざ触れてみた時には、もともと力を持っていますから、読者が、あっ、こんなおもしろいのがあるんだ。『アッ、あれもあった。これもあった』と、きっと読むようになります。」

「・・・自分が書くということは、誰かに読んでもらいたいと言う欲望と、自分が書きたいものがあって書くと言う、いろんなものがあるでしょう。でも、書き始めたら、一番最後に、「完」と言う字を書くところまでやるっていうのは、それは本当に才能だとおもいます。」


それと、中園ミホさんは有名な脚本家なんですけど、この世界、視聴率が取れなければスポンサーがどんどん降りてしまい、大変みたい。億と言うお金が動くから、自分の思うようにだけではできない。実際、有能な脚本家の野沢尚さんの自殺の話も出てきました。脚本家だけでなく、視聴率がとれなかったドラマの女優さんはCMの仕事がこなくなったりするそうです。

中園ミホ「ここまで2年間ぐらい、ほとんどコミック原作だったんですよ、数字を取れるのが。それでいわゆる視聴者はものを考えたくないんだっていうのが製作者側の受け止め方で、このドラマを見てものを考えろというものを作ってはいけないというふうにプロデューサーたちも言う。」

山本「・・・お前のそんな小さな脳みそで判断するなと。やっぱり、見る人には夢を与えるようにやりたい。・・中略・・あんたの判断はそうだろうけど、世の中そんなわけないだろうと。やっぱりね、視聴者を裏切ってはいけない。物書きが読者を裏切っていって、「このぐらいだろう」なんてことで、自分で勝手に判断して相手を見切っていったら、いいものが出るわけがないし、見放されるよね」



確かに最近のドラマだけじゃなくて民放のテレビ自体がつまらない。
それは制作者側のせいかもしれないけど、よく考えると、それを見てしまう視聴者のせいかもしれません。

NHKはお金を持っている。お金があるから良い役者があつまってNHK一人勝ちの時代がくると、中園ミホさんも予測していました。ドラマに限らず、ドキュメンタリーもおもしろいですし、人気の無いバレエをやってくれるのも今ではNHKだけです。

本の話をすると、携帯小説っていうんですか?若い女の子が携帯で打ったという、文字よりもスペースのほうが多いようなものが100万も200万も売れることがありました。

「売れる小説の書き方」なんてタイトルですが、実際には『本当に良いものが100万も200万も売れるはずがない』なんて本音が出てきたりします。ランキング




ランキング

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

「童話を書こう!実践篇」牧野節子

「童話を書こう!実践篇」

童話が大好きで、いずれは書いてみたいと思っている私が、ふと見つけた本です。
これがすごく面白かったので、要点をまとめておきます。

童話には異世界を描くハイファンタジーと、日常の中で不思議なことが起こるローファンタジーがあるという基本をまず学びました。

⑴はじめの一行が大事であるー天・地・人を入れ(時・場所・人物の年齢、状況、人間関係)、物語が動き出していることが大事
⑵スタートとラストの合致
⑶マイナス要素をいれる
⑷緩急をつける
⑸小道具を活用する


童話を書く練習
⑴落語のように「お題を見つける」
⑵好きな話があればそれを真似するのもひとつの手(ただし完全に自分のものにしてから)
⑶ある物語の続きを書いてみる


表現方法
⑴1枚の絵から想像を膨らませる
⑵絵やカードから物語を作る
⑶色と香りのする話
⑷曲からヒントを得る
⑸音が聞こえる話

骨組み
⑴演繹法(結論を既知の事実から推定、推論する)
⑵帰納法(ラストを決めておく)
⑶二段オチというオチの付け方

人物を描く
⑴スターと悪役ー対が大事
⑵脇役の目から

ランキング


「童話を書こう!実践篇」

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

「洋菓子店コアンドル」

「洋菓子店コアンドル」

あらすじ

東京で人気の洋菓子店“パティスリー・コアンドル”に、恋人を追いかけて上京して来た少女、なつめが訪ねてくる。恋人は既に店を辞め、居場所が分からない。行く宛のないなつめは、泊り込みで働かせてくれと頼み込む。シェフ依子は、渋々雇うが、仕事は遅く、スタッフとも喧嘩ばかり。ある日、なつめは、自分のケーキをスイーツ評論家、十村に食べさせる。しかし、「0点だ」とあっさり。その日からなつめはケーキ作りに没頭する。



最近ハズレが多くて心配しましたが、これは面白かったです。
蒼井優が好きなんですが、やっぱり彼女は力がありますよ。
彼女演じるなつめが田舎者の女の子で、元気でドジでちょっとズレてて、とにかく可愛いんですよ。それなのに、終わってから涙が止まらなくなる。
つまらない映画だと、本編が終わるやいなや劇場を出る人が出るものですが、この映画に関しては、明かりがつくまで誰も席を立ちませんでした。

何となく「魔女の宅急便」を思わせる少女の成長物語です。







テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コンテントヘッダー

「ウォール・ストリート」「ジーン・ワルツ」

「ウォール・ストリート」

あらすじ
「ウォール街」の続編。2001年、8年の服役を終えたゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)。カリスマ投資家の面影は消え、すっかり過去の人と成り果てていた。
2008年のニューヨーク。投資銀行に勤めるジェイコブは順風満帆の人生を送っていた。結婚を前提に付き合っている女性ウィニーとの交際も順調だった。ところが、勤める投資銀行が急激な業績悪化により株価が暴落、突然破綻し、ジェイコブ自身も資産を失ってしまう。それが、金融業界の黒幕ブレトンの陰謀だと知ったジェイコブは、刑務所を出た元大物投資家のゲッコーに接近する。そのゲッコーは、ウィニーの実の父親でもあった。



「この映画はあなたの資産になる」というコピーに惹かれて観ました。
しかし、ストーリーは恋愛模様、親子関係を中心に描かれており、ちょっと焦点がぼけているような。
ブレトンが黒幕だというんだったら、ブレトンを陥れたところで一件落着としてくれた方が、勧善懲悪でスッキリしたのではないでしょうか?
これが私の資産になるとは思えません。



「ジーン・ワルツ」

あらすじ
医療の最高峰、帝華大学病院の医師・曾根崎理恵にはある疑いが向けられていた。院長代理を務める廃院寸前の小さな産婦人科医院・マリアクリニックで、禁断の“治療”をしているというのだ。そこに通うのはそれぞれ事情を抱えた4人の女性たち。その謎を嗅ぎつけたのは、同じく帝華大学病院に勤め、教授の地位が約束されたエリート医師・清川吾郎。「私も一緒に闘っているんです、あの4人の妊婦さんたちと……」と主張する理恵は一体、何を計画しているのか。彼女がマリアクリニックに隠した秘密とは。清川は理恵の周辺を探り始める。



日本では禁止の代理出産についてですが、こんなのが本や映画にはならないぐらい当たり前のことになる日が、近い将来くるでしょうね。
日本だってもうきれいごとは言わずに、OKにすればいいんですよ。人口減ってるんだから。
今みたいに、出来ちゃった結婚の挙句に幼児虐待なんてことになるのは、生む人間の層に問題があるから。産むべきじゃないっていう意味では、どっちも同じでしょう。

人間以外の動物を間引いたり、殺して食べたり皮を穿いで着たり、神をも恐れぬ事を平気でしておきながら、この期に及んで「それは神の領域だから」なんて、笑わせますよ。

映画の筋とは無関係の方向へ話が進んでしまいましたが、涙あり、笑いあり、赤ちゃんの誕生場面には無条件の感動がありという映画です。









テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コンテントヘッダー

「陰日向に咲く」劇団ひとり


「陰日向に咲く」

「道草」「拝啓、僕のアイドル様」「ピンボケな私」ほか全5篇を収録。落ちこぼれたちの哀しいまでの純真を、愛と笑いで包み込んだ珠玉の連作小説集。(amazonより)

どうせお笑いブーム芸人が書いた、勢いだけのウケを狙った本だろ?と思って読んだら、あまりの完成度の高さ、おもしろさに仰天。そこらへんの自称作家よりもちゃんとしたものを書いてますよ。
読まなければ一生小馬鹿にしていたので、読んで良かったです。

ひどいことを言ってますが、劇団ひとりさんは唯一好きなお笑い芸人です。
あとおもしろいのは江頭2時50分と志村けんのコントですね。
そういえば、最近、学歴とか頭の良さを売りにしたつまんない芸人が目立ちすぎませんか?
平成教育委員会とかQさまに出てる、ほら、あの人ですよ!

昔、お笑いをやろうと思うような人って、クラスでも目立っておもしろい人とかに限られてましたよね。
それが今、「あんた絶対優等生だったでしょ?」とか「おとなしかったよね?」という人たちが、空前のお笑いブームの中、たくさん出てきました。その学歴でトップに立とうと思ってるのが見え見えですよね。
ちょっと前の「東大アイドル」みたいなもんで。
東大ってつくと、普通の顔でも「すごい可愛い」みたいな言われ方をして。

頭がよければ面白いということはありませんから。

いやぁ、また話がそれてしまいました。

ちなみにそこらへんの学歴芸人にも、これぐらいの小説は書けないと思います。




テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

モコまま

Author:モコまま
主人公:モコ
性別:女の子
住んでる所:関東地方
生年月日:2003年2月8日
特技:周囲を笑わせ癒す

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
ブログランキング

FC2Blog Ranking

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。